2011年02月03日

秋田 春夏秋冬こぼれ話

春夏秋冬こぼれ話

平成11年4月から19年3月までの8年間、秋田県庁発行の全戸配布広報紙「あきた新時代」に連載された人気コラム「春夏秋冬こぼれ話」96回分をまとめた本です。
秋田県内各地のさまざまな人をイラストを交えて紹介しています。農業、漁業に従事する人、伝統文化を守る人、各種職人さんなど、秋田に住むごく普通の人たちの横顔を暖かい眼差しでピックアップしています。
掲載順ではなく、春夏秋冬の季節毎にコラムをまとめてあり、秋田の季節の移り変わりを感じ取りやすい構成となっています。
連載当初のイラストは白黒だったため、本書も白黒ページとカラーページが混在していますが、全体としてカラフルで楽しい仕上がりとなっています。
なお、平成16年12月までのコラムは こちらでも読むことができます。

本書は県内の書店と秋田市大町の秋田贔屓、角館のぷかぷ館、
美郷町の六郷小西堂で販売しています。
またお名前と連絡先、必要部数をメールしてくだされば
直接送らせていただきます。ただし送料は別途になります。

春夏秋冬こぼれ話表紙

価 格:  1,800円(税込み)
著 者:  小西一三  
挿 画:  小西由紀子
発 行:  (株)カッパンプラン  
発売日:  2008/3/17
サイズ:  A5版 180ページ

posted by ゆきこ at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) |

1911年の年賀状・その1

tutumi.jpg
これは1911年の年賀状を包んでいた包み紙です。

昨年の記事になりますが、2010年11月17日付けの朝日新聞秋田県版に掲載された記事です。
http://mytown.asahi.com/areanews/akita/TKY201011160431.html
このページをいつまで見ることができるのかわかりませんので、本文をここに引用します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『100年前の年賀絵はがき、美郷町の民家で発見』

美郷町六郷の民家から、100年前の年賀用絵はがきが見つかった。干支(えと)のイノシシなどがデザインされたカラー刷りで、12枚1組になっている。年賀郵便の取り扱いが始まって10年たち、年賀状が一般的になったころのもの。11月末まで、美郷町六郷の「小西堂」で展示している。

 1911(明治44)年の年賀用絵はがきは、秋田市の小西一三さんの実家で見つかった。秋の初めごろ、妻の由紀子さんが蔵にある古い本棚の引き出しを開けると、白い縦長の包装紙があった。中にはイノシシや富士山、七福神が描かれた絵はがきが入っていた。

 包装紙には1911年のカレンダーが書かれ、「十二枚一組 三十銭」「東京丸の内 報知社代理部発行」「東京芝新堀 日本葉書倶楽部製」と印字されている。由紀子さんは「1911年という年を見て、びっくりした。大胆な表現でユーモアもある。今でも十分、使えると思います」と話す。

 郵政資料館(東京都千代田区)によると、手紙で新年のあいさつをする風習は、平安時代にはすでにあったとみられる。11世紀の学者、藤原明衡(あきひら)の書簡文例集「雲州消息(うんしゅうしょうそく)」に、年始のあいさつが登場する。

 1871(明治4)年、近代郵便がスタートし、2年後には郵便はがきが発行される。明治20年代になって年賀の郵便物が増え始めたため、1899年、前年末に投函(とうかん)して元日に受け取る「年賀特別郵便」のサービスが一部の地域で始まった。私製はがきが認められるようになったのは、翌1900年だ。

 郵政資料館の永嶋里佳学芸員は「絵はがきは日露戦争(1904〜05)のころブームになり、書店や文具店、和紙店などでもつくっていた」と話す。

 1911年は、東京に日本初の洋風劇場である帝国劇場ができ、「元始、女性は太陽であった」という発刊の辞で知られる文芸雑誌「青鞜」が平塚らいてうにより創刊された。海外では、清(中国)で辛亥革命が起き、キュリー夫人がノーベル化学賞を受賞した年でもある。

 2011年用の年賀はがきの販売は今月1日に始まった。年賀郵便の引き受けは、12月15日からになる。

 「小西堂」は土日祝日のみの営業。午前10時から午後4時まで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用終わり。年齢なんかははしょっちゃいましたが。(笑)
というわけで、珍しい年賀ハガキを見つけたのですが、なかなかに美しいハガキたちなので画像を順次ご紹介したいと思います。
まず最初ということで、この12枚をくるんでいた包み紙の画像をアップしてみました。クリックすると大きな画像が見られます。
posted by ゆきこ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 1911年の年賀状

『あきた旬めぐり』

syun.jpg

『あきた旬めぐり』は1994年に秋田市の三浦書店から発行された本です。
文を小西一三が書き、イラストを小西由紀子が描くという形のコラムを
20年近く続けてきている『小西堂』ですが、こうした形で仕事をするようになった
きっかけは朝日新聞秋田県版で1992年4月から1年間にわたって
連載させていただいたコラム『おもの川河口日記』でした。
我が家から車で5分ほどの雄物川の河口での日々の変化をイラストと文章で
定点観測したコラムで、これが終了した後は取材先を秋田県内全域にひろげ
『あきた旬めぐり』というコラムを連載させていただきました。
都合2年間で掲載された80回分のコラムをまとめたのがこの本です。
私たちにとって懐かしい本ですが、手元にあったものがすべてなくなってしまい
欲しいとおっしゃる方がいらっしゃっても対応できない状態が長く続いていました。
このたびひょんな事からまとまった冊数を入手することができましたので、
ご希望の方におわけできるようになりました。

お名前と連絡先、必要部数をメールにてお知らせください。
メールで確認の上送らせていただきます。なお送料は別途になります。

価 格:  1,500円(税込み)
著 者:  小西一三
挿 画:  小西由紀子
発 行:  (株)三浦書店
発売日:  1994/8/8
サイズ:  B5版 ソフトカバー 175ページ
posted by ゆきこ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) |