2011年02月18日

1911年の年賀状・その7

1911 6/12

12枚組の年賀状の6枚目です。
白抜きの木々のシルエットは金色で縁取りされています。
そしてバックは鮮やかな金赤。
画面奥から木立の間を走り抜けてくる三頭のいのししは
まるでたらし込みをしたような濃淡のある墨色。
それぞれに押し出し加工がしっかりと施されています。

走るいのししを木立の向こう側と手前に配置してあるので
平面的な画面にぐっと奥行きと動きが感じられますね。
金のラインで仕切られた赤と白の対比も鮮やかで
12枚並んだ年賀状の中でもとりわけ目をひく1枚です。
posted by ゆきこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 1911年の年賀状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43488127

この記事へのトラックバック